大人にきびの原因 まとめ

大人にきびができるメカニズムは、皮脂と古い角質が混じり合って毛穴が詰まり、
細菌などが影響して化膿したりして、炎症が起こるものです。

思春期にきびの主な原因は、皮脂が過剰に分泌されることですが、大人にきびは
新陳代謝が上手くできないために、肌に残った古い角質や化粧品などが毛穴に詰まって
炎症を起こすからだと考えられています。

大人にきびの原因は2,3種類ありますが、ストレスや生理などのホルモン分泌バランスの
乱れも影響するようです。ストレスが多いと、ホルモン分泌がアンバランスになり、過剰な
皮脂が分泌されることになります。

子宮や卵巣の具合が不調な人は大人にきびができやすいようです。

間違ったスキンケアや油分の多い化粧品を使うことで毛穴のトラブルを引き起こし、
大人にきびができやすいのですね。入浴した時使ったシャンプーやトリートメントを
切れに流さないため、残った成分が毛穴煮詰まり、背中にきびができる場合もあります。

大人にきびは思春期にきびと違い、色々な要因が重なってできる場合が多いです。
大人にきびは治りにくい上に、にきび跡がくっきり残ってしまい、悪くすると月面みたいに
でこぼこになることもあるので、きちんとケアしたいですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。