ニキビはどうして出来るの?

にきびができるメカニズムはまだハッキリしていないところも
あるようですね。

にきびは毛穴に皮脂が詰まって、その皮脂に細菌が増殖し
炎症を起こしたものと一般的にはいわれています。

黒にきびとか白にきびがあるとは知りませんでした。
思春期のにきびは肌をよく洗顔する事ねといわれました。

毛穴が大きい人はにきびができやすいといわれたことも
ありますが、毛穴の大きい、小さいはないですよね。

私の場合は、ほおや口の周りに白にきびや黒にきび、
それに赤く炎症をおこしたにきびができたものでした。

思春期だったので、恥ずかしかったですよ。で、治らない。
本当に焦りました。にきびはつぶしたらいけないらしいですが、
手当たり次第につぶしました。

にきびから膿が出るわ出るわでノイローゼになりそうでした。
洗顔を一日何回もしましたが、無駄な抵抗でした。

思春期の頃はピーナツやチョコレートを沢山食べると
にきびがいっぱい出来るといわれませんでしたか?

確かにピーナツを食べるとにきびがよく出来たような
記憶があります。でも、科学的な根拠はないらしいですね。

毛穴に皮脂、ゴミがたまり、細菌によって腐敗化して、
化膿したものだと思っていました。

にきびから膿を全部つまみだし、血まで出てくる始末でした。
おまけに顔が脂性でこれにも悩みました。

さらに、汗かきだったため、にきびが出来る条件はそろって
いました。

でも人間の肌って不思議ですね。にきびができるメカニズムが
まだはっきりしないところがあるなんて。

にきびは青春の勲章だと言った人もいましたが、人ごとですよね。

にきびが出来てつらかったのは、あなた顔を清潔にしていないのじゃ
ないのと言われたことです。くやしかったなー。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。