大人にきびとは

大人にきびとはどういうものでしょうか。
にきびは大方の人が思春期に出来るといわれています。

にきびは思春期だけ出来るかというと、そうではないのですね。
20歳を過ぎてから出るにきびを大人にきびと呼ぶんですね。

にきびはどうしてできるのか。それは皮膚の皮脂を分泌する毛穴が
詰まることに原因があるんですね。

私も高校生の頃は顔中、にきびだらけでした。
にきびで顔がぼこぼこです。まるで月の表面みたいに・・・

大人にきびと思春期のにきびはどう違うのかというと、
思春期のにきびは皮脂分泌が旺盛で出来るのにたいして、大人
にきびは皮脂分泌というより、ホルモンバランス、ストレス、化粧など
様々な要因で出来るのですね。

そういえば、初めて勤めた職場できれいに洗顔しているのに、
ぶつぶつにきびが出来た経験があります。

顔のほかに背中にもにきびができました。これこそストレスが原因
だったように思えます。

思春期のにきびはそんなに気にもならなく、治療もしませんでした。
いつの間にか小さくなり、消えてしまいました。

しかし、大人にきびといわれるにきびはなかなか治りませんでした。
肌荒れはするし、一度出来たら次から次と出来て、あご、フェイスライン、
首筋、あらゆるところに出来てしまいました。

大人にきびのお陰で、化粧も乗りが悪く、治ってもにきび跡ができる
ことが気になり、一時期、ノイローゼになりそうでした。

にきびというより悪性の吹き出物ではないかと悩んだものです。
治療時に聞いたら、にきびと吹き出物はおなじということでした。

大人にきびは突然出ることがあるんですね。
私も、思春期にきびが消えて、もうにきびとは縁がないと思っていたら、
ある朝起きてみると、にきびが出来ていたんです(汗

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。